とりあえず、大きいとりべを注いで
職人のところへ運びます。
ちなみにこの温度は1400度ぐらいです。

見た目にはわかりませんが製品によって材質を変えて硬めにしたり柔らかめにしたりしています。

ここで小さなとりべに分けます。
そしてここから型に
を流し込むゆ入れと呼ばれる仕事に入るのです。材質の硬さによってこのが型に流れ込みやすかったり流れ込みにくかったりします。
これも見た目ではあまりわかりませんがゆ入れをしているとわかります。

さあ、ゆ入れが始まりました。
緊張の一瞬です。
この仕事が終わるまで気が抜けません。

このは大気というかなり温度の低いモノ(溶けている鉄からしてみれば常温はかなり冷たいはず)に触れているわけですからどんどん冷めていきます。
もたもたしていると入れ終わる前に固まってしまうことすらあります。